小松市埋蔵文化財センター

1玄関

小松市埋蔵文化財センターへ行ってきました。


1槍鉋

あの有名な日本最古(東アジア最古)の「柄付き鉄製鉋」です。

八日市地方遺跡(JR小松駅付近)から出土。紀元前350年頃のもののようです。

1八日町遺跡


近年、弥生時代の定義が揺らいでいるようです。
(本格的ではないが縄文人も稲作を行っていたため)

ということで、
弥生人の特徴である環濠集落(八日市地方遺跡)が見られるようになる

「紀元前350年頃から紀元前50年(BC350~BC50)」

が北陸地方における「弥生時代中期」というするのが良いようです。
勉強になりました。

ということで、北陸地方には「弥生時代前期」は「無い」ようです。
(弥生人が小規模に住んでいた痕跡はあるが、環濠集落では無いため)


で、「四隅突出型墳丘墓」が特徴的な出雲文化を持った人たちが暮らした
「弥生時代後期」は、紀元前50年頃から紀元後300年頃のようです。

3世紀末に起こったヤマト族の北陸侵攻。
お諏訪様は戦いに破れて、北陸地方も古墳時代へと移っていきます。


個人的に一番気になるのは、北陸の弥生中期人、弥生後期人(出雲人)人種です。

ヤマト族は朝鮮からやってきた人たちですが、
北陸の弥生中期人、弥生後期人も同じく朝鮮からやってきた人だったのでしょうか。

もっと遺跡の発見、発掘が進み、、
人骨DNA鑑定できるようになったら良いなと期待しています。


あと、北陸の縄文人たちは、弥生人に虐殺されたり、奴隷にされたのではなく、
(紀元前350年よりも前から)数百年かけて少しずつ同化していったような気がしてきました。


1加賀三湖をめぐる攻防

加賀三湖をめぐる攻防

古墳時代以降の北陸の歴史も面白そう。

1古墳時代

1埴輪


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

toidegelato

弥生時代の北陸を統治したお諏訪様と諏訪信仰。北方系縄文人と南方系縄文人の違い。北陸における弥生時代のクニ、縄文から弥生への移行過程などに特に関心あり。