小杉丸山古墳(富山県射水市)

IMG_20200204_151814.jpg

流通センターの脇にある「小杉丸山遺跡」。
戸出→富山方面へ行くときにそばの県道は何度も通っていましたが
こんな立派な遺跡があるとは最近まで知りませんでした。


IMG_20200204_151958.jpg

小杉丸山遺跡案内図


IMG_20200204_152431.jpg

第1号製鉄炉跡・炭焼き窯跡

「たたら製鉄」ですね。

製鉄には広大な山林が必要だったようです。

射水市のこのあたりの山一帯は、
製鉄の炭を作るために管理された山だったのでしょうか。

昨日のNHK番組「日本人のおなまえっ!」で、
製鉄には炉内を高温にするためには「松炭」が必須だったと言っていました。


IMG_20200204_152604.jpg

飛鳥時代後半(7世紀中頃から後半)に
須恵器と瓦を同じ釜で焼いていた「瓦陶兼業窯」。
北陸最古のものだそうです。

延暦23年(804年)、越中国は
ほどほど大切な「中国」から大切な国「上国」 へ格上げされましたが、
瓦や陶器産業が越中の重要な産業だったのでしょうか。


IMG_20200204_152828.jpg

第2号住居跡

須恵器、土師器などを焼いていた職人が住んでいた住居


IMG_20200204_153112.jpg

遺跡 立体図


IMG_20200204_153048.jpg

近くには円墳がたくさんあります。

これらの古墳は6世紀後半を中心に造られたものだそうです。


IMG_20200204_153312.jpg

「飛鳥工人の館」は冬季休館中でした。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

toidegelato

弥生時代の北陸を統治したお諏訪様と諏訪信仰。北方系縄文人と南方系縄文人の違い。北陸における弥生時代のクニ、縄文から弥生への移行過程などに特に関心あり。