加曽利貝塚(千葉市若葉区)

加曽利1

加曽利E式土器で有名な加曽利貝塚(千葉市若葉区)に行って来ました。

貝塚には人間は埋葬しない。ウッドサークルもない。

やはり北陸の縄文人とは全く文化が違うんですね。


加曽利_大型建物1

この円形の大型建物は倉庫ではなく、祭礼が行われた場所らしい。

北陸縄文人でいうところのウッドサークル、
東北縄文人のストーンサークルに当たる施設か。

異形台付土器、土偶、石棒、勾玉が円形大型建物から出土している。


加曽利_異形台付土器1

異形台付土器。どのように使うのでしょうか。


加曽利_異形台付土器2

異形台付土器は、2個で1対として使用されたらしい。


加曽利_共同墓地

死者はみんな同じ場所(共同墓地)に埋葬。

ただし他の集落生まれの人だけは別。

面白い。


加曽利_貝塚の形

北陸や東北の縄文人なら、貝殻は谷や凹地に捨てることが多いのではないでしょうか。

円形に捨てるのは関東縄文人特有でしょうか?

(もっと多くの遺跡を見て回って判断したいと思います。)


加曽利_炉穴の使い方

炉穴と、先の尖った土器の使い方の図解は、わかりやすくて良いですね。


加曽利_2種の貝塚

貝塚には2種類ある。

当時は干し貝加工場まであったのか。

夏はサラリーマンのように毎日加工場へ通勤していたのでしょうか。

干し貝は、冬場の食料備蓄や交易(黒曜石などとの交換)に使われたのでしょうか。


加曽利_遺跡だらけ

千葉は遺跡だらけ。


加曽利2


IMG_20200208_141927.jpg

加曽利E式土器の移り変わり。面白い。

親の代から子の代ヘ。
少しずつ文様を変えよう、自分の個性を出そう、と思って文様を変えていったのでしょうか。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

toidegelato

弥生時代の北陸を統治したお諏訪様と諏訪信仰。北方系縄文人と南方系縄文人の違い。北陸における弥生時代のクニ、縄文から弥生への移行過程などに特に関心あり。