• 河内王陵墓(勾金陵墓)参考地「畝傍山東北稜」に葬られたとされる神武天皇万葉集には、飛鳥時代からみて大昔にあたる弥生~古墳時代のことを詠んだ歌が混ざっていて、福永晋三氏の仮説によれば・畝傍山 = 香春岳一ノ岳・天香久山 = 香春岳三ノ岳である可能性があるとのこと。で、香春岳一ノ岳(=畝傍山)の東北には、「勾金(おおきん)さん」と呼ばれる弥生時代の円墳がある。「勾金」は当て字。「おほきみ(=大皇・大君)... 続きを読む
  • 宮原遺跡(福岡県香春町)黄金の耳飾りや東漢時代の中国で制作された銅鏡「長宜子孫 内行花文鏡」などが出土した場所です。「長宜子孫」内行花文鏡私有地内にあり普段は入ることはできませんが、歴史に関心ある親切な地元のかたに案内していただきました。ありがとうございました。ご主人が子供の頃、それが貴重なものだとは知らずに庭にあった銅鏡で遊んでいたそうです。出土品は香春町歴史資料館にあるとのこと。この場所を中心... 続きを読む
  • 飛鳥時代以降、日本の首都は現在の奈良県あたりに存在していたことが知られていますが、それ以前の時代は九州北部が帝(天皇)の住む都があったようです。私の中学生だった頃は「大和≒奈良県」と教わりましたが、飛鳥時代の律令制度によってそう定められる前はもっと広範囲だったようです。熊本県にはヤマト町があり、福岡県に京都がありますしね。<参考>万葉集から解き明かす古代史「神武は筑豊に東征した」(福永晋三)福永説... 続きを読む

toidegelato

弥生時代の北陸を統治したお諏訪様と諏訪信仰。北方系縄文人と南方系縄文人の違い。北陸における弥生時代のクニ、縄文から弥生への移行過程などに特に関心あり。