• 北陸の式内社でお諏訪様を祀るのは莵橋神社だけでしょうか。「弥生時代後期、出雲人の息子であるお諏訪様の拠点は小松にあったのではないか」ということで莵橋神社に行ってきました。この神社、もとは台地の上(得橋郷小野)にあったそう。飛鳥時代に加賀国府が設置されたあたりの場所です。弥生時代後期(3世紀後半)から飛鳥時代に国府が設置されるまで、そのあたりがずっと加賀地方の中心であったのかもしれません。加賀国府が... 続きを読む
  • 大正13年に出版された富山県内の神社一覧がまとめられた「富山県神社祭神御事歴」を使って、富山県内の市町村別に諏訪社の数を数えてみた。諏訪信仰とは、お諏訪様が北陸を統治していた弥生時代後期(3世紀後半か)、諏訪神人と呼ばれる遊行者によって広められた、といわれている。※ お諏訪様は出雲系の四隅突出型墳丘墓を築いた一族と考えられている。一方、砺波市、南砺市のあたりには弥生時代の遺跡がほとんど無い。【仮説】1. ... 続きを読む
  • 伝承・神話に基づけば、弥生時代中期の富山県には女王・姉倉姫(あねくらひめ・富山市舟倉または呉羽が拠点か)が治める国があって、石川県中能登町を拠点にしていた女王・能登姫と戦っていたようです。石動山を拠点にしていた石動彦(伊須流岐比古・いするぎひこ)もこの戦いに関わっていたらしい。(高志の大乱・越の大乱)この時期、山陰の出雲地方を治めていた大国主は翡翠(ヒスイ)を求めて、新潟県糸魚川市を治めていた女王... 続きを読む
  • 諏訪信仰の起源は北陸地方であるとされています。小学館 日本大百科全書によれば、--------------------------------(略) この信仰は、かつては諏訪神人(じにん)とよぶ遊行者(ゆぎょうしゃ)によって流布されたもので、その分布状態からみると、北陸から信濃(しなの)にかけて居住していた出雲(いずも)系族類による信仰に起源するが、時代によって変遷がある。大昔は狩猟神として尊敬されたが、農耕時代には農耕神として、また武... 続きを読む

toidegelato

弥生時代の北陸を統治したお諏訪様と諏訪信仰。北方系縄文人と南方系縄文人の違い。北陸における弥生時代のクニ、縄文から弥生への移行過程などに特に関心あり。